ポケットテツカブラ

自分をいいこいいこするだけのブログ

摂食障害入門

 

ブログを再開しました。

前のブログは何年も放置しているにも関わらず、言葉狩り大好きフレンズのみんなからコメントが来たりして気持ちが悪かったので抹消しました。

 

とりあえず今回のブログは自分をいいこいいこしまくって摂食障害を少しでも改善する目的で書いていこうと思います。

 

まあせっかく不特定多数の人に発信するのですから、摂食障害という健常者には理解に及ばない病気を少し知っていただきたいですね。

私は医者ではないので細かい定義はここでは割愛しますが、摂食障害というのは簡単に言うと

 

食べ物を受け付けない(一切食べないor極端に少ない量しか摂取しないor食べ物を口に入れてモグモグして飲み込まず吐き出すなど)、「拒食症」

 

反復的に食べまくる(嘔吐行為はない)、「過食症

 

大量に食べ物を摂取し、指を喉に突っ込んだりスプーンなどの異物を喉に突っ込んで吐き出す(チューブ吐きというのもありますが危険なのでやめましょう)、「過食嘔吐

 

おそらくこの3つが主なものでしょう。

他にも色々ありますが、私が実際に経験したのでここではこの3つを挙げておきます。

 

摂食障害というのはまず拒食症になり、そこから過食嘔吐へ移行していくパターンが結構あります(私もそうでした)。

 

私が拒食症になった時は1ヶ月足らずで体重が12kg減り、お風呂に入るたびに倒れたり、外で立ってられなくなって座り込んでしまったり、ぼーっと何も考えられなくなってしまったり(糖分不足のためでしょう)、明らかに生活に支障が出ていました。

でも、あの時は鏡に映る自分が本当に好きで生きるのが楽しかったです。

 

しかしアカンこのままじゃ死ぬゥ!となりご飯を食べるようになったのですが、そこから過食嘔吐をするようになりました。

食べると太るという恐怖から、食べたものはすべて吐くようになり、そのストレスから過食が進み過食嘔吐が日常化していきました。

それからすぐに10kg太りました。

過食嘔吐は今も続いており、どうやって改善に近付けるのか日々模索しています。

 

おそらく、私のようなパターンはかなり多いと思います。

カウンセリングに通っていたこともありますが全くもって信用できないですし、金と時間の無駄だとこの身で実感したので、孤独に戦っていきたいと思います。